シミやシワで悩んでいる

お肌のシミやシワで悩んでいる方って、多いですよね。

シミの要因は様々ありますが、主な原因としては日焼けなどです。

紫外線による日焼けによって、肌が赤みを帯びて変色することで、色素沈着を起こしてしまうからです。

また、肌の赤みは色素沈着へ繋がるので、ニキビができたことによる赤みも、シミの原因のひとつになってしまうそうです。

そのため、ちょっとそこまでだから何もしなくていいかな、と思わず、きちんとUV対策をすることが大切です。

それと、いつもより肌とむき合いながらスキンケアするだけでも、シミが増えていかない肌を創るのに効果的だそうです。

私も昔は気にしなかったのですが、年々、肌のシミが気になり初めました。

友人にシミ対策について相談したら、漢方をすすめられました。

漢方は、直接シミを消すというよりも、代謝をアップさせることによって、体がシミを作りにくい状態にするそうです。

また、できてしまったシミも、徐々に改善する手助けとなってくれるのだとか。

漢方を飲むことで体の調子も良くなりますから、漢方はシミ対策と同時に、体調にも効果が期待できるのだそうです。

うっかり作ってしまったシミを消すためのやり方はたくさんありますが、私が教えたいのはプラセンタを濃縮した美容液を使ってのお手入れです。

肌にスーッと染み込んでいくのがわかるはずです。

外からのケアだけでなく、内側から食生活やサプリメントなどで、綺麗な肌を創るために大切なビタミンCを体に取り込むこともシミ対策になると思います。

それらを継続して使用していると、濃かったシミが目立たなくなってきたので、シミが見えなくなるまで使い続けたいと思っています。

なお、出産後の赤ちゃんのスキンケアについて書いた記事は多いですが、ママの肌について書かれていることは少ないように感じます。

ママの肌は、長期間変化のなかったホルモンバランスが、出産で急激に変わるため、急にしみが出たり、乾燥してシワが出たりします。

また、美肌ホルモンとも言われるエストロゲンが急に減るため、肌が荒れやすく、極端に乾燥しやすくなったります。

リペアップ琥珀プラスの口コミによると、その時期は肌が過敏になるので、いままで大丈夫だった化粧水が合わなくなることもあるそうです。

そんなママの肌が元の肌質に戻るまでは、無添加タイプのスキンケア製品で刺激を抑え、たっぷりと肌を保湿しましょう。

赤ちゃんはどこに触れてくるかわからないので、スキンケア製品も安心できるものを使いたいものですね。

それと、季節の変わり目には、肌の乾燥に気を遣わなければいけません。

目の周りの皮膚は、引っ張るとわかりやすいのですが、とても薄いので、シワのもとになる細かいヨレが出てきたりします。

つまり、きちんと手入れしているつもりでも、まだスキンケアが足りないと考えたほうが良いでしょう。

特に目の周囲には、通常のお手入れのほかに、脂質オイルを使うと効果的です。

精製されたアレルギーが出にくい天然オイルを使ったり、伸びが良いものなど、ベタつきや使用感を考慮して、肌にピッタリ合うものを選ぶのがコツです。

誰だって、素肌の年齢には自信を持っていたいものです。

そのためには、アラサーを迎えたら、リペアップ琥珀プラスなどの積極的なスキンケアは必要不可欠だと思います。